磯野貴理子の離婚から読み解く「年の差婚」に潜む心理学的な落とし穴

磯野貴理子の離婚から読み解く「年の差婚」に潜む心理学的な落とし穴

磯野貴理子

世の中を騒がせた事件やスキャンダル、はたまたちょっと気になることまで、各分野のエキスパート“セキララアナリスト”たちが分析(アナリティクス)!  ニュースの裏側にある『心理』と『真理』を学術的に解き明かしてご覧に入れます。

 タレントの磯野貴理子(55)と24歳年下のバーテンダーの夫・Aさんの離婚報道に、衝撃を受けた女性も多かったことでしょう。離婚の理由は、貴理子さんによればAさんが「自分の子どもが欲しいから」というもの。

 55歳という貴理子さんの年齢が、Aさんにとっての大きな離婚事由といえそうです。しかし2012年の結婚の時点で、Aさんにしてみれば“事情を理解したうえ”でのゴールイン。

 当人同士のことはふたりにしかわかりませんが、やや理不尽とも思えるこの結婚から離婚までの?末を心理学的にひも解くと、どんな“男女の視点の違い”が見えてくるのか。明星大心理学部准教授で臨床心理士の藤井靖先生に聞いてみました。

「今回の離婚騒動を理解するうえでのキーワードは、『本能』と『理性』です。磯野さんは『本能』で結婚し、『理性』で離婚した。一方でAさんは『理性』で結婚し、『本能』で離婚した。そのようなギャップが感じられます。つまり、実は結婚時からお互いの気持ちは食い違っていた可能性があります」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)