川栄李奈 産休明けで「スムーズ復帰」するのに不可欠な“所属事務所の根回し”

川栄李奈 産休明けで「スムーズ復帰」するのに不可欠な“所属事務所の根回し”

川栄李奈

川栄李奈と“2.5次元”俳優、廣瀬智紀の突然の結婚・妊娠発表には驚いた。

 '10年にAKB48第11期研究生オーディションに合格してAKB入りを果たした川栄。'15年にグループを卒業し女優に転身すると一気に花が開いた。卒業した翌年にNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演、今年に入ってからもすでに4本のドラマに出演している。CM出演本数も十数社に及びCM女王と呼ばれることに異論を唱える者はいないだろう。

 幸いアルコール飲料のCMに出ていたり、出演作のスケジュールに支障をきたすようなことはなかったという。しかし、いまもっとも波に乗っている彼女がいきなり、結婚・妊娠で活動を休止するのだから、各方面への影響は計り知れない。所属事務所も頭を抱えたのではないかと想像できる。

 もちろん彼女は引退するわけではないので、出産後は復帰が予想される。しかし約1年ほどのブランクが復帰後にどう影響するのかが気になるところだ。世代交代、入れ替わりが激しい昨今の芸能界において、1年も休んでしまったら、せっかく得たポジションを失う危険性も多分にある。

 ブレイクしているとはいえ、まだ“主演クラス”とまではいかない川栄も、決して安心できるポジションではない。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)