松原智恵子が前向きな理由「ストレスを全然感じないんです。いいでしょ?」

松原智恵子が前向きな理由「ストレスを全然感じないんです。いいでしょ?」

松原智恵子 撮影/伊藤和幸

映画『長いお別れ』
5月31日(金)全国公開
父(山崎努)の70歳の誕生日を祝うため、久しぶりに帰省した娘たち(竹内結子、蒼井優)。そこで母(松原智恵子)から父が認知症になったことを告げられ……。どんなことがあっても前に進む家族たちを描いた、7年間にわたる愛の物語。

「初めて台本を読んだとき、ドーンと心が重くなりました。でも、その話をしたら監督に“松原さん、そうじゃないんですよ。前向きに明るく演じてください”と言われたんです」

 映画『長いお別れ』で、認知症を発症してゆっくり記憶を失っていく夫と、2人の娘を支える専業主婦・曜子を演じた松原智恵子(74)。優しさとユーモアが詰まった“新しい認知症映画”で、

「私自身、学ぶことが多かったです。もし家族が認知症になったとしても、まずは普通に接してみようと。構えないこと。そうすれば家族みんなの気持ちが落ち込むこともない。何より、自分が明るくいられるためにもいいと思ったんです」

 劇中では、家族それぞれが人生の岐路に立たされ、前に進んでいく様子が描かれる。一歩踏み出すには、“ひとりで抱え込まないことが大事”と話す。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)