なぜこんなに美しい刑務所が? ジャニーズ映画ロケ地「旧奈良監獄」秘話

なぜこんなに美しい刑務所が? ジャニーズ映画ロケ地「旧奈良監獄」秘話

『写真集 美しい刑務所 明治の名煉瓦建築 奈良少年刑務所』(西日本出版社)より

人はさまざまなものに導かれて何かに出会う。わたしが奈良少年刑務所に出会ったのは、あきらかにその「美」に導かれてだった。それが明治の名煉瓦建築でなければ見にいかなかっただろうし、刑務所からスカウトされて、作家なのに、受刑少年たちに絵本と詩の教室を持つことにもならなかっただろう。

 美が偶然にわたしを導いたと思っていた。しかし、建物の歴史を知るほどに、偶然ではなく、必然だったと思えるようになった。「美」は単に、その表面的な美しさだけではなく、設計者の「思想」をも表現していたからだ。

 奈良少年刑務所は、「奈良監獄」として建てられた明治五大監獄のひとつだ。その歴史を知るためには、明治の日本にさかのぼらなくてはならない。

 幕末、日本は西欧諸国の圧力に負けて、不平等条約を結んでいた。問題は「関税自主権」と「領事裁判権」。明治政府は、これを改善しようとやっきになっていた。しかし、「領事裁判権」に関しては、こんな理由で断られてしまった。

「あなたの国には、きちんとした法律もなければ、まともな監獄もない。これでは、わたしたちの国の国民が受刑者になったときに、その人権が守られない」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)