飯島寛騎が感じている、自分が舞台に「ここだけは不向きだ」と思うポイント

飯島寛騎が感じている、自分が舞台に「ここだけは不向きだ」と思うポイント

飯島寛騎 撮影/森田晃博

昨今、大きな社会問題となっている「ブラック企業」「パワハラ」などをテーマに、実社会で必死に生きている若者たちをユーモアを交えて描いた北川恵海のベストセラー小説『ちょっと今から仕事やめてくる』。2017年には映画化もされた話題作が初舞台化される。主人公のブラック企業で働く若手社員を演じるのは、『仮面ライダーエグゼイド』で主演デビューした注目の若手イケメン俳優、飯島寛騎さん。

「原作を読ませていただいて、現代の社会問題に対して立ち向かっていく若者たちの姿が見える作品だなと思いました。新卒で入社して、会社の理不尽なノルマとかいろいろな悩みを抱えている若い社会人の方はたくさんいると思うんですよね。

 そういう方々にも舞台で悩みに立ち向かっていく僕らの姿を見ていただいて刺激を受けて何か感じていただけたらなという思いは強いです。僕は今22歳で今回演じる青山隆とは同世代なので、社会人としてもちろん悩むこともありますし、共感できることはけっこうありますね。

 青山は仕事でなかなか成果を上げられないんですけど、ちょっと不器用な感じが自分と似てるのかなって。そういう面では、この作品に役としても飯島としても向き合っていけたらなと思います」

 舞台出演は2作目。ひとつ不安なことがあるそうで。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)