『時短運動会』の風潮に野々村友紀子「子どもの意見が入ってないやん!」

『時短運動会』の風潮に野々村友紀子「子どもの意見が入ってないやん!」

今、『運動会』が変わろうとしている……?

この数年、『時短運動会』が話題になっている。児童の熱中症対策や保護者の弁当作りの負担、授業時間の確保といった理由から競技を減らして午前中に運動会を終わらせる学校が徐々に増加。すでに北海道では6割の小学校が午前中に終了するという。この運動会の時短傾向に放送作家でNSC東京校の講師も務める野々村友紀子が考えたこととは?

* * *

 先日、全国で運動会が行われました。いや〜、よく晴れて運動会日和やね!…なんて言っていられないのが、昨今の異常気象。まだ暑さに身体が慣れていない5月に気温35度超えとか、小さな子どもを持つ親からしたら恐怖ですよ。

 そもそも、5月に運動会をする学校が増えた理由のひとつに、「秋の開催やと、暑〜い残暑に校庭で長時間、練習せなあかんねんで? 危険やん?」が、挙げられていたはず。でも5月もこうなってしまったんじゃあ、あんまり意味ないし、今度は本番の日の気温が危険になってきました。

 気温も昔とは違うし、外で遊ぶことが減った子どもたちは、体力も昔の子とは違う。子どもたちはもちろん、先生方や保護者も命がけでやる運動会の是非が今、問われています。世間では、午前中で終わる「時短運動会」なんて言葉も話題になっていますね。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)