櫻井翔、デカ顔→スッキリ小顔化で小川彩佳アナに対抗!? 高須院長が秘策を推理

櫻井翔、デカ顔→スッキリ小顔化で小川彩佳アナに対抗!? 高須院長が秘策を推理

櫻井翔(2019年元旦初詣)

2017年のNHK紅白歌合戦に出演した際には、各SNSなどネットで「顔パンパン!」「むくみ?」などといった顔の大きさを指摘された嵐の櫻井翔(37)。

 しかしここ最近、櫻井の顔はかなりスッキリしたように見え、「やせた」「デビュー時に戻った!」と高評価を取り戻しつつある。

 6月3日からは、元カノと言われる元テレビ朝日アナウンサーの小川彩佳アナ(34)が報道番組『NEWS 23』(TBS系)のメインキャスターに就任。なんと櫻井がキャスターとして出演する報道番組『news zero』(日本テレビ系)と同時間帯ということで、元カノ・元カレ同士の視聴率対決も気になるところだ。

 番組対決に向けてコンディションを整えているのかは不明だが、すっかりシャープさを取り戻し、顔が小さくなった櫻井はどんな対策を取ったのだろうか? また今後、元カノの番組に勝つためにはどんな美容メソッドがオススメか? 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を伺った。

──2017年の紅白歌合戦に始まり、2018年の小川アナとの破局、15歳年下の女子大生との熱愛報道時も顔のパンパン具合が指摘された櫻井翔さん。当連載でその「デカ顔問題」を取り上げた回も大反響でした。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)