山里亮太&蒼井優、メディアは会見で「魔性」という言葉を使っていなかった

山里亮太&蒼井優、メディアは会見で「魔性」という言葉を使っていなかった

「魔性」発言をする山ちゃんと、涙をこらえる蒼井優

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山ちゃんこと山里亮太(42)と女優の蒼井優(33)の、誰もが度肝を抜く、羨望と嫉妬が渦巻く結婚。一部スポーツ紙に報じられた日の夜、最近の芸能界では珍しい、ツーショット報告会見を行った。

 その様子は大々的に報じられ、山ちゃんの好感度の急上昇につながっている(結婚指輪がなかったことは、ジュエリー業界を複雑な心境にしているだろうが)。

 機転のきくお笑い芸人として、どんな質問にもユーモアを交え受け答えしたが、その対応から見えたのは策士・山里のうまさであり、フェイクニュースはこうして作られるのかという驚きだった。

 当日の山里の発言をひも解く。

《やっぱり心配されますよね。みなさんからさっきから出ている単語もあるじゃないですか。そういうのでみんな心配するんですけど、一切、心配してないです。それはたぶんみなさんの目の前にいる蒼井さんと、違う蒼井さんを僕は見せていただいていると思うので、本当に純粋で、楽しいときには笑って、泣きたいときはすごい泣くっていうみんなが思い描くのってちょっと違うでしょう。魔性って単語を使っているけど、僕はそんな人間じゃないっていうのを一緒にいてずっと見ていたので、みなさんが思う魔性から発生する心配っていうのは一切ございません》

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)