郷ひろみ、“体形と肌艶” を63歳になっても維持し続けられる「ストイックな理由」

郷ひろみ、“体形と肌艶” を63歳になっても維持し続けられる「ストイックな理由」

郷ひろみ(2018年)

歌手の郷ひろみ(63)が先ごろ、全国ツアーをスタートさせた。10月までに56公演を行う長丁場だ。

 今月2日に行われた初日は埼玉・越谷公演。午後5時の開演にもかかわらず、昼過ぎからファンが並び始めた。自由席ではなく指定席にもかかわらずに、だ。

 郷も率直に「席が決まっているのに本当にありがたい」とファンに感謝を伝える。

 10代でデビューした郷は60歳を過ぎ、デビューしたてのころにファンになった多くの女性たちも、郷と同じように年を重ねた。

 ファンを吸引する郷の魅力のひとつに、変わらぬ姿という驚きがある。肌の色艶もよく、身体はシャープに絞れ、ステージでのキレもいい。同年代の男性と比べるのも酷だが、まったく別モノ。アイドル時代の昔と変わらぬまま、理想的に加齢をしているのだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)