12階から飛び降りても死ねなかった “彼女” が感じていた、社会の残酷さ

12階から飛び降りても死ねなかった “彼女” が感じていた、社会の残酷さ

元男性のトランスジェンダー、12階から飛び降りたことがあるモカさん

経営者、漫画家でもあるモカさん(33)は29歳のとき、マンション屋上から飛び降りた。社会の残酷さに純粋なまで絶望していたためだ。しかし、駐車していた車がクッションとなり、一命をとりとめる。その体験などをまとめた本が『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』(光文社新書)だ。そんなモカさんに聞いた、当時のこと、そして「生きる」ということとはーー

 元男性のトランスジェンダーであるモカさんは、2015年10月、12階のマンション屋上から飛び降りた。これが最初の自殺未遂ではない。ほかの手段も試したことがあり、手首を切って死のうとしたり、首つりを試みたこともあった。薬をたくさん飲もうとしたが、死ねないと思ったため、当時、住んでいたマンション屋上から飛び降りたのだ。

「29歳までの5年間で、徐々に死のうと考えたんです。そのため、ネットで死に方を検索したり、死んだ後はどうなるかも調べていました。自分が試みたことは、決して間違っているとは思っていません。なぜなら、そのときに飛び降りなくても、いつか必ずそうしていたと思うから。そうしないと気がすまなかったんです。いま思うと、私にとって自殺未遂は人生の過程だと思っています」

 なぜ、モカさんは強い自殺衝動に襲われたのか。

 自殺をしたいと考える人には、いじめや虐待、体罰などの被害体験、家族や友人、知人が自殺や事故で亡くなったり、失恋などによる喪失体験をしている人が多い。しかし、モカさんの場合はそうした体験に由来していたわけでない。ただ、世界を変えたいと思っていた、というのだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)