息子の同性愛は「治る」と信じていた母が受け入れた、「夫夫」の幸せ

息子の同性愛は「治る」と信じていた母が受け入れた、「夫夫」の幸せ

『なんもり法律事務所』にて。左は南和行さん(42)、右は吉田昌史さん(41) 撮影/齋藤周造

「僕、同性愛者なんやけど─」

 南ヤヱさんが、今は弁護士として活躍する次男の和行さんからそう告白されたのは、2000年初夏のころだった。家族そろっての法事からの帰り道、電車の中でのことであったという。

 あの日のカミングアウトを思い出して、ヤヱさんが言う。

「南海電鉄の電車の中で、私と和行と長男の輝行の3人で、確か立っていたと思うんですよ。長男に聞くと、私はそのとき、泣いたと。私は覚えていないんですけど。そのあと長男が“そんなもん、電車の中で言うな!”と言って。とにかく座りたい一心で、天下茶屋駅の、おうどん屋さんに入ったような気がします」

 兄の輝行さんも振り返る。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)