川栄李奈と舞台俳優の “格差婚” に潜む心理、起こりうる「弊害」と「恩恵」

川栄李奈と舞台俳優の “格差婚” に潜む心理、起こりうる「弊害」と「恩恵」

川栄李奈と廣瀬智紀

世の中を騒がせた事件やスキャンダル、はたまたちょっと気になることまで、各分野のエキスパート“セキララアナリスト”たちが分析(アナリティクス)! ニュースの裏側にある『心理』と『真理』を、学術的に解き明かしてご覧に入れます。

 元AKB48で女優の川栄李奈さん(24)と、舞台中心に活動中の俳優・廣瀬智紀さん(32)が5月17日に結婚を発表しました。2018年の舞台『カレフォン』でダブル主演を務めたことが、出会いのキッカケだったとか。

 芸能界での立場の違いがあることから、いわゆる“格差婚”と揶揄(やゆ)されるふたり。立場の“差”を乗り越えて結ばれ、はたして、この先に待つ結婚生活はどうなっていくのでしょうか。明星大心理学部准教授で臨床心理士のセキララアナリスト・藤井靖先生に聞いてみました。

「稽古時間が長く、上演が開始されてからも継続して顔を合わせる舞台の仕事というのは、心理学における“一般法則”の3点コンボ状態ともいえます」

 その“一般法則”とは?

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)