カラテカ入江慎也、詐欺グループ忘年会に宮迫博之ら仲介 楽しんごも"闇営業"で解雇か

カラテカ入江慎也、詐欺グループ忘年会に宮迫博之ら仲介 楽しんごも"闇営業"で解雇か

記事まとめ

  • FRIDAYがカラテカ入江慎也の反社会的勢力との交際疑惑を報じ、吉本興業が契約解除した
  • 入江は、振り込め詐欺グループの忘年会に、宮迫博之ら吉本タレントを仲介したという
  • 東京の芸人の間では“入江案件は危ないから関わらないほうがいい”と言われていたそう

カラテカ入江騒動のウラで、楽しんごも“闇営業”で吉本を解雇されていた!

カラテカ入江騒動のウラで、楽しんごも“闇営業”で吉本を解雇されていた!

楽しんご

6月4日、カラテカの入江慎也が所属事務所の吉本興業から契約解除された。

「6月7日発売の『フライデー』に、入江さんの反社会的勢力との交際疑惑が報じられました。大規模振り込め詐欺グループの忘年会に、宮迫博之さんなどの吉本タレントを仲介したというんです。事実上の解雇ですね」(スポーツ紙記者)

 入江はスポーツ界や企業の社長まで幅広い人脈を持ち、“友達は5000人”と豪語していた。

「入江さんの人脈作りは今後に繋がる可能性があるからと、事務所も大目に見ていた部分があった。それをいいことに、最近は怪しい人たちのパーティーや飲み会にも顔を出していると話題になっていました。東京の芸人の間では、“入江案件は危ないから関わらないほうがいい”と言われていましたね」(放送作家)

 友達5000人というのも、かなり怪しいらしい。過去に一緒に仕事をしたことがあるという雑誌ライターによると、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)