ジャニーズJr.黄金期の再来、20年前の東京ドーム公演から考える今年のサプライズ

ジャニーズJr.黄金期の再来、20年前の東京ドーム公演から考える今年のサプライズ

約20年前に使用していた洗練されていない手作りうちわや、ヲタ友と交換した手製のカードなど/著者私物

2019年6月10日。

 いよいよ本日から、19年ぶりとなるジャニーズJr.単独・ドームコンサートの申し込み受け付けが始まった。本公演には、東西のジャニーズJr.およそ300名が出演するという。
ジャニーズJr.の公式ファンクラブ『ジュニア情報局』の会員数は70万人に迫るとされ、キャパ5万5000人の東京ドームをもってしても激戦が予想される。

 プラチナ公演の幕開けを迎える前に、1999年10月9日に開催されたジュニア初の単独東京ドームコンサート『特急・投球コンサート 10月9日東京ドームに大集合!!』(以下、109コン)から、元祖ジュニア黄金期の公演模様を振り返りたい。

 今から20年前。

 元祖“ジュニア黄金期”は、タッキーこと滝沢秀明さんを頂点とした“帝国”が栄華を誇った時代だ。タッキー帝を核に、渋谷すばるさん、今井翼さんら、いずれ劣らぬ名将たちが取り巻き、綺羅星(きらぼし)がひしめく銀河系のようなさまを呈していた。

 第二黄金期と呼ばれる現在のジュニア界は、タッキーのような絶対王が率いる国でなく、SixTONES、Snow Man、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年、なにわ男子ら個性的なユニットが切磋琢磨(せっさたくま)しながら高みを目指す、“合衆国”のスタイルを取っている。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)