山里亮太の暴走グセと蒼井優の自由奔放さ「アンジュルム婚」に一抹の不安も

山里亮太の暴走グセと蒼井優の自由奔放さ「アンジュルム婚」に一抹の不安も

'18年7月、友人との食事を終え、愛車のポルシェで帰路につく蒼井。山里とのデートも運転は蒼井が行う

6月5日に発表された、南海キャンディーズの“山ちゃん”こと山里亮太と蒼井優の結婚。2か月という交際期間を経ての“電撃婚”は、令和最初のビッグカップル誕生ということもあり、祝福ムードに包まれている。

「“非モテ芸人”と“恋多き女優”ですからね。あまりにも意外でにわかには信じられず、SNSに驚きの声があふれました」(スポーツ紙記者)

 “しずちゃん”こと山崎静代と'03年に南海キャンディーズを結成した山里は、イケメンとはほど遠い容姿。

「'06年から『よしもとブサイクランキング』で3年連続1位を獲得し、殿堂入りを果たしています。しかも、日々の恨みつらみを“地獄ノート”に記録するというひねくれキャラ。自虐系ですが、どんなツッコミにも的確に返すお笑いスキルは高評価でした」(テレビ誌ライター)

 一方の蒼井は、お笑いとは無縁の演技派女優。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)