嫁殺害後、母と実家に埋めた男の裁判で明かされた「悪辣な偽装工作」

嫁殺害後、母と実家に埋めた男の裁判で明かされた「悪辣な偽装工作」

中学生時代の弥谷鷹仁被告(卒業アルバムより)

「(鷹仁被告の)行為は悪質性があり、重大性が極めて高い。この殺人と死体遺棄は家族間での完全犯罪を目論んだものであり類いまれなもの。計画的で用意周到。保険金目的の殺人よりは軽いが、長期間の懲役に相当する。恵美被告の死体遺棄と殺人幇助(ほうじょ)の罪も極めて大きく、真摯な反省がない。執行猶予なしの長期間の懲役がふさわしい。よって鷹仁被告には懲役17年、恵美被告には懲役6年を求刑する」

 と検察は5月31日、千葉地裁で論告求刑した─。

 昨年3月4日、千葉県柏市の主婦・弥谷麻衣子さん(当時30)が行方不明となり、夫で元銀行員の弥谷鷹仁被告(37)が捜索願を警察に届けながら、実際は絞殺していた事件。妻の遺体を埋めるため実母・弥谷恵美被告(64)と実家敷地内(茨城県取手市)にあらかじめ穴を掘り、殺害後に一緒に埋めるという鬼畜のマザコンっぷりだった。素知らぬ顔で麻衣子さんの家族と“尋ね人”のビラをまいていたからひどい。

 両被告人を同時に裁く裁判員裁判は、5月22日から同31日の結審まで計6日間、千葉地裁の刑事1部201号法廷(岡部豪裁判長)で開かれた。“エリート銀行員と母による嫁殺し”と報道されたことで注目度は高く、初公判では傍聴席を求めて定員の2倍近くの人が抽選に並んだ。

 鷹仁被告は殺人と死体遺棄の罪状を認めた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)