ピエール瀧問題で石野卓球が激怒、4月の “つぶやき” のカウントダウン始まる

ピエール瀧問題で石野卓球が激怒、4月の “つぶやき” のカウントダウン始まる

ピエール瀧の公判当日、石野卓球はDJプレイをしていた

「ミュージシャンをやっておりましたけど、事務所を解雇され無職となっております」

 ピエール瀧こと瀧正則被告は、6月5日に開かれた初公判でそう答えた。

 コカインを摂取したとして、4月2日に麻薬取締法違反で起訴された瀧被告。

「現在、瀧さんは自宅に戻り、薬物依存の治療のため、都内の医療施設に通院しています」(スポーツ紙記者)

 裁判に臨んだ瀧被告は、憔悴している様子は見られず、裁判を傍聴していた顔見知りのお笑い芸人を見つけると会釈、裁判官が場を和ませるような発言をした際には笑顔になるなどの余裕を見せる場面もあったという。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)