堤真一、家では子どものほうが全然上!? 愛娘と過ごす“パパの顔”明かす

堤真一、家では子どものほうが全然上!? 愛娘と過ごす“パパの顔”明かす

堤真一 撮影/廣瀬靖士

「僕は基本、出演する作品は脚本で決めるんです。今回は、脚本がよかったのももちろんですが、柳楽(優弥)くんが出るというのも大きかったかな。ずっと彼とちゃんと仕事をしてみたかった。すごい俳優さんとご一緒できるのは、役者にとって何よりも勉強になります」

 余命半年の元生徒と教師の再会、そして“最後”の絆を描いた映画『泣くな赤鬼』で主演を務める堤真一(54)。甲子園出場を目指す野球部の監督で、その熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれた高校教師を演じた堤は、

「僕も中学時代は野球をやっていて、顧問の先生がめちゃめちゃ厳しくて怖かったんです。脚本を読んで真っ先にその先生の顔が頭に浮かびましたね。この映画ができたら見てもらいたいなと思っていたんですが、先日亡くなられてしまい、それが残念です」

 劇中では熱血監督時代から10年、野球への情熱をすっかり失っていたところで、柳楽演じるかつての教え子、斎藤(愛称・ゴルゴ)と再会する。

「(原作者の)重松(清)さんとも話したんですが、特に男子生徒の場合、教師は父でも上司でもない、子どもが社会に出て最初にかかわる大人。親子にも見えるけど何かが違う。教師と生徒の関係って、とても面白いなと思いました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)