横浜流星の “ゆりゆりブーム”、関係商品爆売れに発売元が答えた「意外なファン層」

横浜流星の “ゆりゆりブーム”、関係商品爆売れに発売元が答えた「意外なファン層」

横浜流星

「6月5日に発売された雑誌『an・an』の表紙に横浜流星さんが掲載されました。ネット書店で予約が始まると、発売前にもかかわらず品切れになってしまったんですよ」(スポーツ紙記者)

 いま、若手俳優の横浜流星が大人気だ。人気に火がついたのは、今年1月に放送されたドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)に出演したことがきっかけ。

「主演の深田恭子さんに恋をする不良ながら根はまじめなピンク色の髪をした高校生・“ゆりゆり”こと由利匡平役を熱演しました。一途に年上の深田さんを思う姿に、魅了される女性も多かったようです。このドラマを機に、横浜さんのインスタグラムのフォロワーは約50万人増加しましたよ」(同・スポーツ紙記者)

 イケメン評論家の沖直実さんも、横浜がこの役に出会えたことが大きいと指摘する。

「年下で、少し不良っぽいけど好きな人には一途という、いい意味で昭和の古いタイプの王道の役だったことも大きいです。結局、昔から女性はちょっとワルい役が好きですからね。若い女性だけでなく老若男女問わず、アラフォー・アラフィフの女性もキュンキュンしたと思います」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)