“コワモテ”に見えて笑顔はチャーミング! 渋川清彦の芸名に込められた思い

“コワモテ”に見えて笑顔はチャーミング! 渋川清彦の芸名に込められた思い

渋川清彦 撮影/伊藤和幸

「『週刊女性』の取材を受ける日が来るなんて。初めてじゃないかな(笑)」

 ヤクザやチンピラなど、アウトローな役柄も難なくこなし、名バイプレーヤーとしても名高い個性派俳優・渋川清彦(44)。昨年の映画出演数はなんと14本、大河ドラマ『西郷どん』にも板垣退助役で出演した。

 渋くてカッコよく、どこか大人の色気が漂う。一見、“コワモテ”なイメージを受けるも、

「よく怖そうって言われます(笑)」

 と言って見せる笑顔はとてもチャーミング。そんな渋川が連ドラ初主演を務めた『柴公園』が映画化される。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)