入江慎也の闇騒動は “濃いめのグレー”決着か、素性を知らなくても「友達」の危険性

入江慎也の闇騒動は “濃いめのグレー”決着か、素性を知らなくても「友達」の危険性

元『カラテカ』の入江慎也

所属事務所を通さずに営業する行為、いわゆる「闇営業」。しかも、その営業先が反社会的勢力の忘年会で、人気芸人を多数出席させることを仲介したとして、吉本興業の契約を解除された、元カラテカの入江慎也。

 忘年会には、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが出席。宮迫らは相手が反社会的勢力であることは「知らなかった」とし、出席した際のギャラに関しても「もらっていない」と釈明し、世間を騒がせたことに関して謝罪した。

 今回の件で、初めて「闇営業」という言葉を知った人、この釈明を聞いて、若干モヤッとしたものが残った人は多い。なかでも、本当に金銭の授受はなかったのか、というところが気になるところだ。

「まず今回の件は、相手が反社会的勢力だったということが大きな問題です。それと闇営業の問題は、切り離して考えたほうがいい。そもそもお金のやりとりがあるから、『営業』という名前がついているわけですからね」

 と、あるテレビ関係者は言う。とはいえ、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)