お小遣い、NGワードは?暴力を振るい始めたら?中高年ひきこもりの聞きにくい話

お小遣い、NGワードは?暴力を振るい始めたら?中高年ひきこもりの聞きにくい話

※写真はイメージです

「ひきこもりに定義はありますが、私の思うひきこもりというのは、人間関係を自ら遮断せざるをえない状態のことだと思っています。その背景にはもちろん、さまざまな要因が考えられます」

 特定非営利活動(NPO)法人『KHJ全国ひきこもり家族会連合会』のソーシャルワーカー・深谷守貞さんはそうとらえている。

 5月28日、川崎市で私立カリタス小学校の児童を狙い、保護者を含む20人が殺傷された事件で、容疑者が「ひきこもり傾向にあった」「親族からおこづかいをもらっていた」事実が浮上。

 6月1日、農林水産省の元事務次官の父親が44歳の長男を刺殺した事件では、川崎の事件が脳裏をよぎったのか、「息子も周りに危害を加えるかもしれないと思った」などと供述しているという。また「長男はひきこもりがちで家庭内暴力があった」という家庭事情も明らかになってきた。

 両事件で注目されている“ひきこもり”という言葉。あたかも、ひきこもりの人だから罪を犯したかのようにとれる報道に対し、偏見を助長することのないよう声明文で求めた一般社団法人『ひきこもりUX会議』の代表理事・恩田夏絵さんは、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)