江國香織、2年ぶりの長編小説を絶対に『小説すばる』で連載したかった理由

江國香織、2年ぶりの長編小説を絶対に『小説すばる』で連載したかった理由

江國香織 撮影/矢島泰輔

江國香織さんの2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』は、10代の少女ふたりのアメリカ旅行を描いたロードノベル。

 家族とともにニューヨークの郊外に住む14歳の礼那(れいな)の家には、日本の高校を自主退学した17歳のいとこの逸佳(いつか)も暮らしている。10月のある日、礼那と逸佳はふたりきりで“アメリカを見る”旅に出た。

 ボストンを皮切りに長距離バスのグレイハウンドや全米を走る旅客鉄道アムトラックを乗り継ぎ、ときにはヒッチハイクも行いながらふたりの旅は続いていくのだが──。

「私自身、アメリカに留学していた23歳のときに、友達とふたりでアメリカ旅行に出かけたことがあったんです。当時はデラウェアという田舎町に住んでいたのですが、もっといろんなアメリカを見たいなって思って。グレイハウンドに乗ってボストンとポーツマスに行ったんです。そのころの私は、精神年齢が幼かったんでしょうね。ずっと赤ちゃんの人形を抱いて旅をしていました(笑)」

 その話をした際、当時、『小説すばる』の編集長を務めていた高橋秀明氏に小説に書くことをすすめられたという。だが、実現できないまま高橋氏は2014年に急逝してしまった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)