原田龍二、週刊文春の不倫報道で謝罪会見後にグラビア撮影の仕事断らず「律儀」と話題

原田龍二、週刊文春の不倫報道で謝罪会見後にグラビア撮影の仕事断らず「律儀」と話題

記事まとめ

  • 原田龍二は週刊文春で複数の女性ファンとの不倫が報じられ、謝罪会見で全面的に認めた
  • 会見の翌々日に原田は「1度、お受けしたお仕事ですので」と文藝春秋社を訪れたという
  • 不倫報道前に週刊文春から依頼を受けたグラビア撮影とインタビューを行い律義と話題に

原田龍二、節約不倫後の「お仕事状況」を所属事務所に直撃! 飛び出した意外な回答

原田龍二、節約不倫後の「お仕事状況」を所属事務所に直撃! 飛び出した意外な回答

原田龍二

「1度、お受けしたお仕事ですので……」

 5月末、『週刊文春』で複数の女性ファンとの不倫が報じられた原田龍二は、謝罪会見で記事内容を全面的に認めた。冒頭の言葉は、その会見の翌々日に彼が文藝春秋社を訪れたときのものだ。

「不倫が報じられる前に、『週刊文春』からグラビア撮影とインタビュー取材の依頼を受けていたんです。普通なら断りますよね。“なんて律義なんだ”と業界では話題です」(芸能プロ関係者)

 自身のインスタグラムを通じてファンと接触。2人で食事もせず、ホテルも利用せず、愛車で近くの公園に直行して車中で事におよぶ“節約不倫”で、世の女性から大バッシングを受けた原田だが、

「ファンからメッセージが来て、それに答えただけだからそこまで悪くない」(バラエティー番組スタッフ)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)