松山ケンイチ×染谷将太の“聖人”生活に「バチ当たりなので」と笑いをこらえた現場

松山ケンイチ×染谷将太の“聖人”生活に「バチ当たりなので」と笑いをこらえた現場

『聖☆おにいさん第I紀』 (c)中村光・講談社/パンチとロン毛製作委員会

中村光原作の人気漫画を実写化。昨年、動画配信サービスや劇場公開された作品を再編集したオムニバス形式のコメディードラマ『聖☆おにいさん 第I紀』(NHK総合・6月22日土曜夜11時30分〜/3週連続)。松山ケンイチ&染谷将太演じるイエス&ブッダが、聖人とは思えない下界に染まった生活ぶりを描いた見どころとは──。

 主人公は下界に舞い降りた神の子イエスと、目覚めた人ブッダ
p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 24.0px; font: 16.0px 'Hiragino Kaku Gothic Pro'; color: #000000; background-color: #ffffff}
span.s1 {font-kerning: none}



 累計発行部数1600万部を超え、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞した、中村光の同名漫画を実写化したコメディードラマ。原作は、2013年にアニメ映画化され、吹き替えはイエスの声を森山未來、ブッダの声を星野源が務めた。

 実写版の今作では、松山ケンイチがイエス役、染谷将太がブッダ役をそれぞれ演じる。

 世紀末を無事に乗り越えたイエスとブッダは、下界でバカンスを過ごすため東京・立川で6畳ひと間の安アパートでのシェア生活をする。イエスは衝動買いが多く、ブッダは倹約家で細かなお金を気にする。対照的なふたりが、繰り広げる日常をゆるく、ほっこりしたタッチで描いている。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)