峯田和伸、役者として引っ張りだこでも電車移動「俺は何も変わってねーのにな」

峯田和伸、役者として引っ張りだこでも電車移動「俺は何も変わってねーのにな」

峯田和伸 撮影/佐藤靖彦

「普段、あまり地元には帰らないんです。自分から“ここじゃダメだ”って山形から東京へ飛び出してきたからには、簡単に帰っちゃいけない気がしていて。でも、こないだ25年ぶりに中学の同窓会に参加してみました。50歳くらいになったらほとんど死んでるかもしれないから、40歳のうちに会っておかなきゃって(笑)」

 子どものようにいたずらっぽい笑顔で話すのは、大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に人力車の車夫・清さん役で、大河初出演の峯田和伸(41)。バンド『銀杏BOYZ』として多くの人々を虜(とりこ)にしてきた彼が、最近はドラマや映画に多数出演し、役者としての活躍もめざましい。

 そのことを本人に聞いてみると、

「われながら、目を見張るものがありますよね(笑)。でも、1年間でお芝居にかかっている総時間数は、本職の音楽活動と比べると、8対2くらいの割合かな。

 もともと、音楽でも“ドームでライブをやりたい”“メジャーデビューしたい”っていう思いはなく、好きだからやっている。お芝居も“こういう役者になりたい”“賞が欲しい”とか目標はなく、こんな僕でも声をかけてもらえているから、やらせていただいているっていう感覚なんです。だから“いよいよ俺が大河に出る時代が来た!”とかは思わないです(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)