篠原涼子、祖母が作ってくれた“ほろ苦い思い出”の詰まったお弁当の中身

篠原涼子、祖母が作ってくれた“ほろ苦い思い出”の詰まったお弁当の中身

篠原涼子 撮影/高梨俊浩

「どう来るのかドキドキしています。そういう時期が来ることは健全で、誰もが通る道なので見守るつもりですが、相手の出方次第では……」

 自身の子どもが反抗期になったときの対処法を、いたずらっぽい表情で語ってくれた篠原涼子。

 そんな話題になったのは、6月28日に公開の映画『今日も嫌がらせ弁当』で、反抗期を迎えた娘に毎日、仕返しとして手の込んだキャラ弁を作り続ける母親役を演じているから。

 篠原も現在、11歳と7歳の男の子がいて育児に忙しいママだけに、今回の作品には身につまされることもあったようだ。

「長男が幼稚園時代にはから揚げやウインナーなど大好きなものを詰め、完食する喜びを感じてもらうことを心がけていました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)