柄本明、愛妻を亡くして傷心も…新たな生活を送る「同居女性」がいた!

柄本明、愛妻を亡くして傷心も…新たな生活を送る「同居女性」がいた!

'19年6月、記者の直撃に穏やかに答えた柄本明

昨年10月、柄本明は愛妻の角替和枝さんを亡くした。

「64歳の若さでした。一昨年の8月にがんが見つかり、すでにステージ4だったんです。結婚して40年近く連れ添った柄本さんは、なかなか立ち直れなかったようですね。今年1月に行われた“お別れの会”では、涙ながらに和枝さんへの思いを語っていました」(スポーツ紙記者)

 ふたりは近所でもおしどり夫婦として有名で、劇団のアトリエ兼自宅の一軒家を建ててからは、毎朝一緒に自宅近くの喫茶店に通っていた。

「奥さんが亡くなってから、まだその喫茶店を訪れることができていないそうなんです。飼っていた愛犬2匹も、一昨年、寿命で死んでしまって。日課だった犬の散歩で外を出歩くことも少なくなっていたので、家にこもりっきりの生活になっていないか心配ですよね」(近所の住民)

 いったん実家に戻ってきていた次男の時生も、元の生活に戻った。ひとり暮らしになった柄本だが、最近、同居を始めた女性がいる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)