猛暑とインバウンド急増でじわじわ広がる感染症の脅威、防ぐ方法はあるのか

猛暑とインバウンド急増でじわじわ広がる感染症の脅威、防ぐ方法はあるのか

※写真はイメージです

昨年末から今春にかけ、風疹やはしかの感染者数が増え続けている。来年の東京五輪を控え、政府も感染症対策の強化を推進するという。過去には2016年のリオデジャネイロ五輪ではジカ熱が懸念され、昨年の平昌冬季大会ではノロウイルスの感染が広がった。

 現在、日本はさまざまな感染症の危機にさらされているが、中でも蚊やダニが媒介する感染症は、地球温暖化というものに影響され増加するおそれがあるとの指摘がある。温暖化により、それらのすみかとなる環境、動物の分布域が変わってきていることに起因しているのだ──。

「昨年の夏は猛暑であったことが記憶に新しいと思いますが、昨年、埼玉の熊谷で41・1℃という歴代1位の記録を出しました。個々のケースで高温になった理由を科学的に立証するのは難しいのですが、高温化する大きな原因のひとつに地球温暖化があります」

 こう話すのは、地球温暖化などを研究する専門家の向井人史さん。このような温暖化に対し、国際的な対策として2015年にパリ協定が採択された。この協定では、産業革命から世界の平均気温上昇を2℃未満に抑えることなどを目標としている。

 しかし先日、気象庁気象研究所などの研究チームから、気温上昇が2℃に抑えられても、日本で35℃以上となる猛暑日は現在の1・8倍に増えるという予測結果の発表がなされた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)