中居正広、嵐との歴史的共演でアピールする「ジャニーズの結束」

中居正広、嵐との歴史的共演でアピールする「ジャニーズの結束」

中居正広

7月13日に放送される、TBS系音楽特番『音楽の日』の出演者がこのたび発表された。'11年のスタートから今年で9回目、総合司会を務める中居正広のもと、豪華アーティストが集結するのだが、出演者の中でひときわ目を引いたのが『嵐』だ。

「5人が『音楽の日』に出演するのは初めてのことで、ある意味、中居さんとの歴史的共演かも。過去に思い起こされるのは、やっぱり『うたばん』でしょうか。今回は番組の“目玉”として、中居さんとの“からみ”が久々に見られそう」(スポーツ紙記者)

 かつて中居が、『とんねるず』石橋貴明とMCを務めた『うたばん』(TBS系)。出演アーティストとのトークが人気の歌番組だったが、“準レギュラー”のごとく出演していたのが嵐だった。当時はデビューこそ派手だったものの、どこか伸び悩んでいたように見えた5人。

 そんな彼らを引っ張っていたのが、司会としてメキメキと力をつけていた中居だった。

「何かにつけて、大野(智)クンが中居さんに突っかかり、それをメンバーが制止するという“お約束”の“下剋上コント”が人気でした。裏では“お前ら、もっと来いよ!”とゲキを飛ばしていたそうです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)