香取慎吾が見せたダークな表情「“もうダメだ、俺”ってなるとき、あるよな」

香取慎吾が見せたダークな表情「“もうダメだ、俺”ってなるとき、あるよな」

誰も見たことのない香取慎吾にゾクゾク……! 撮影/渡邊智裕

「演じていてつらかった。人の優しさがこんなにも痛いものかと思った撮影期間でした」

 香取慎吾(42)が主演を務める映画『凪待ち』がいよいよ公開される。バイオレンスと絶望、怒りと裏切り──。白石和彌監督が言うには、「誰も見たことのない香取さんが見られる」というこの映画。

 撮影は昨年の6月に宮城の塩釜、石巻で始まり、その後、同年7月に川崎にある『日本経済新聞社川崎別館』で数日にわたってロケが行われた。その撮影現場で、“ろくでなしな男”を演じた香取に心境を聞いた。

「こんなにも逃げる役はやったことがなくて。これまでは人のためを思って動き出すような役が多かったんです」

 カメラが回っていないところでも、いつもの“慎吾ちゃん”の様子は見られず、どこかダークな部分を感じさせる表情とたたずまいは役そのもの。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)