「カビ感染で亡くなる人は着実に増えている」と専門医、特にリスクが高い人は?

「カビ感染で亡くなる人は着実に増えている」と専門医、特にリスクが高い人は?

※写真はイメージです

掃除をしなくても、ホコリくらいでは死なないし……。そんな考えは今日で改めたほうがよさそうだ。

「空気中には、1平方メートルあたり千個の生きたカビが漂い、人間は1日に1万個の生きたカビを吸っています」

 と指摘するのは、千葉大学真菌医学研究センターの亀井克彦教授。

 特に梅雨時は、カビを吸い込んだことによって引き起こされる病気のリスクがぐんと増す。なかでも気をつけたいのが、咳や発熱など、夏風邪に症状が似た夏型過敏性肺炎だ。

「トリコスポロンという菌を吸い込むことでアレルギー反応が起こり、咳や熱など肺炎の症状が繰り返し起こります。夏に向けて気をつけたい病気です」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)