芸人の闇営業騒動、テレビで “誤報に近い” コメントをする識者の危険性

芸人の闇営業騒動、テレビで “誤報に近い” コメントをする識者の危険性

闇営業をして処分を受けた、田村亮、スリムクラブのふたり、宮迫博之

よしもと芸人の”闇営業騒動”の炎上が止まらない。

「よしもとの所属芸人が、あらためて売れていることが如実にわかりました。というのも騒動の最中、テレビでこの件のコメントするよしもと芸人をチェックするのですが、本当に多い。それと、イベントなどに登場してコメントするよしもと芸人も多い」

 とスポーツ紙芸能記者。

 また放送作家は、若手芸人が喜んでいるという情報を伝える。

「これまで、先輩のお声がけだからどうしても断れないという上下関係というか、義理関係があったんですが、今回の騒動で、“どんな人の集まりですか?”と聞くことができたり、“所属事務所を通さないとまずいんですよ”と拒否することができる。若手芸人には、自分を守る防波堤になる“闇営業騒動”だと受け止めている人もいますよ」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)