『アメトーク』『ロンハー』存続の危機も、スタッフからは “打ち切り望む声”

『アメトーク』『ロンハー』存続の危機も、スタッフからは “打ち切り望む声”

宮迫博之と田村亮

相次ぐ芸人たちの“闇営業”騒動により、宮迫が出演する『アメトーーク!』と、ロンブーの亮が出演する『ロンドンハーツ』(ともにテレビ朝日系)が存続の危機に立たされているという。

「『アメトーーク!』は、大手スポンサーが報道を受けてCMの放送を見送ったことが話題になりました。どちらの番組も、謹慎処分が出たあとは宮迫さんと亮さんの部分をすべてカットして放送するなど、スタッフは対応に追われましたね」(スポーツ紙記者)

 2番組とも、数年前まではテレ朝のバラエティーを代表する番組だった。

「最近は視聴率が前ほど取れなくなってきていました。『ロンドンハーツ』は深夜帯に時間を移してテコ入れしましたが、イマイチ成果は上がらず。逆に、今年の4月からスタートした『テレビ千鳥』がいい数字を出したりしていて、スタッフの間では“そろそろ世代交代の時期かな?”なんて話も出るほどでしたね」(テレビ朝日関係者)

 テレビ朝日としても長年続いた2番組を、簡単に終了というわけにはいかない。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)