杉野遥亮、連ドラ初主演作のクランクアップで涙「座長って呼ばれた時はテレました」

杉野遥亮、連ドラ初主演作のクランクアップで涙「座長って呼ばれた時はテレました」

杉野遥亮 撮影/廣瀬靖士

「どんな作品でも撮影に入る前は怖いです。今回の『スカム』も自分に足りない部分があるんじゃないかとか、できるかなと不安がありましたから。でも、そういうことを打破して経験を積んでいくことでステップアップできることもあると、信じてやっています」

 俳優活動をスタートさせて4年目。着実に、そして、大きなステップアップを続ける杉野遥亮(23)。今年上半期だけでもドラマ『新しい王様Season1・2』『花にけだもの〜SecondSeason〜』『ミストレス〜女たちの秘密〜』、映画『LDKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』『居眠り磐音』と続く彼が、MBS/TBSドラマイズム『スカム』で連続ドラマ“初”主演を飾る。『アタックZERO』CMでは、先輩の松坂桃李、菅田将暉らと“洗濯男子”に。

「演技のことを先輩たちに相談することはあまりないですね。先輩たちが自分で切り開いた道なので、そこ聞くのはちょっとズルかなとも思うし。自分で道を切り開いていきたいというのもあります。(映画『居眠り磐音』で共演した)松坂さんは『スカム』を見てくれるとは言ってました。ふふふ、うれしいです」

 今作で演じるのは、勝ち組人生から一転、振り込め詐欺に手を染めていく草野誠実。

「詐欺は“悪いこと”というイメージがぬぐえなかったので、理解するために原案の書籍や台本を読み込みました。そうするうちに、自分の中に誠実という人物が少し入ってきた感覚があって。詐欺をする前の彼を理解できるようになったのは大きかったです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)