井ノ原快彦が「つらい」テレビ朝日『特捜9』現場に浸透しすぎた“渡瀬イズム”

井ノ原快彦が「つらい」テレビ朝日『特捜9』現場に浸透しすぎた“渡瀬イズム”

井ノ原快彦

6月26日に最終回を迎えた『特捜9』(テレビ朝日系)は13・8%の視聴率を記録。好成績を残したが、現場には不穏な空気が漂っていたという。

「特捜班の班長・宗方朔太郎を演じていた寺尾聰さんが卒業を発表。『特捜9』内部での確執が降板の原因です。“渡瀬イズムのない現場は面白くない”“渡瀬さんの影がすっかりなくなっちまったよ……”と周囲にボヤいていました」(制作会社関係者)

『特捜9』は'18年に始まった刑事ドラマシリーズ。前身は'06年から'17年まで放送されていた『警視庁捜査一課9係』だ。

「渡瀬恒彦さんが係長の加納倫太郎役で、井ノ原快彦さん、羽田美智子さん、津田寛治さん、吹越満さん、田口浩正さんが演じる5人の刑事を指揮して事件を解決するドラマでした」(テレビ誌ライター)

 渡瀬さんは病床に台本を持ち込んでいたほど『9係』を愛していたが、現場に戻ることなく'17年3月にこの世を去った。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)