MISIA、つつみ込むように…並々ならぬ「アフリカ」への思い伝える

MISIA、つつみ込むように…並々ならぬ「アフリカ」への思い伝える

MISIA 撮影/吉岡竜紀

『ハートのレオナ』7月26日発売予定
作/MISIA 作画/大宮エリー
主婦と生活社刊・定価1800円+税

「まさか私が教壇に立つ日が来るとは……」

 東京学芸大学で200人以上の学生たちを前に、講義を始めたのは歌手のMISIA。

 アフリカの子どもたちへ支援を続けてきた彼女とJICA(国際協力機構)の共同企画で、アフリカを身近に感じてもらうためのトークイベントを行った。

 MISIAといえば10年以上、現地の子どもたちの教育支援に携わり、 ’12年のNHK紅白歌合戦では、ナミビアの砂漠から生中継で歌を披露するなど、アフリカへの思いは並々ならぬものがある。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)