映画『天気の子』いまだ未完成も、予算のかからない「宣伝マン」を投入

映画『天気の子』いまだ未完成も、予算のかからない「宣伝マン」を投入

映画『天気の子』製作報告会見(2019年7月2日)

前作『君の名は。』で400億円を超える興行収入を叩き出した新海誠監督(46)が放つアニメ映画『天気の子』。

 離島から上京した少年が、不思議な力を持つ少女と出会い、自分たちの生き方を選び取っていく物語で、今月19日に初日が迫る。

 7月2日に製作報告会見が行われたが、

「通常であれば、完成披露試写会を実施する段階。ところが、この期に及んでまだ完成していない。新海監督は会見で『なかなかしびれる状態です。今もスタッフが全力で作業中です』と言っていましたが、公開がずれ込むようなことはもうない、というメドが立ったようです」

 とはスポーツ紙映画担当記者。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)