八千草薫、すい臓・肝臓がん闘病も「ま、いいか」と受け入れ「いま」を一生懸命に!

八千草薫、すい臓・肝臓がん闘病も「ま、いいか」と受け入れ「いま」を一生懸命に!

八千草薫

「みなさんが心配してくださるんですが、わりあい元気なんです。今のところ、ね(笑)」

 そう穏やかな笑顔を見せるのは女優・八千草薫。“米寿”を迎えた2019年、すい臓がんを患っていたことを公表し、世間を驚かせたのは記憶に新しい。

「2017年の秋に病院で“すい臓にちょっと気になるところがある”と言われて。年末に詳しく検査していただいたら“やっぱりよくないものがある”ということでね。年が明けて手術をしたんです」

 手術は無事に成功し、順調に回復。2018年4月からの連続ドラマ『執事 西園寺の名推理』(テレビ東京系)に出演、8月には舞台『黄昏』で主演を務めるなど、87歳(当時)とは思えない演技を見せていた。だが、肝臓への転移も判明したことで、

「正確なことをみなさんにきちんとお伝えして、治療に専念することにしたんですね」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)