「このイボは第2の耳」脳性まひのバイオリニスト・式町水晶に隠された秘密

「このイボは第2の耳」脳性まひのバイオリニスト・式町水晶に隠された秘密

『脳性まひのヴァイオリニストを育てて』(主婦と生活社)

「生まれたときは3日間の命と言われて。脳なり目なりに障がいが出るということは最初から覚悟していました」

 バイオリニスト・式町水晶(22)の母で『脳性まひのヴァイオリニストを育てて』(主婦と生活社)の著者・式町啓子さん(49)が聴衆に語りかけた。

「気持ちは水晶のマネージャー」という啓子さん。

 地元・小田原の平井書店・平井義人店長に直接、本の売り込みに訪れたことから、母子でのブックトーク&ミニコンサートが決まり、6月30日に駅近くのオービックビルで開催された。

「小脳低形成」という障がいを克服するためにリハビリではじめたバイオリンでメジャーデビューを果たした水晶。1歳のころに訪れたディズニーランドで聞こえてきた『小さな世界』のメロディーに反応しているのを見て、「耳がいいのかな」と思ったことが音楽への挑戦のはじまりだった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)