脳性まひのバイオリニスト・式町水晶が持つ強い意志「まだ、逃げられない!」

脳性まひのバイオリニスト・式町水晶が持つ強い意志「まだ、逃げられない!」

式町水晶 撮影/廣瀬靖士

小脳低形成をもって生まれ、リハビリのバイオリンの腕を磨き昨年4月にメジャーデビューした式町水晶(22)。状況が一変するなかで毎日、鍛えつつも「自分の身体はピークを過ぎた」と自覚し、なおもステージに立つ。母の愛情で身につけたバイオリンと、自力で身につけたトークを武器に――。

「今は、無事に1周年コンサートを迎えられた安堵感と、最後まで、やりきった爽快感でいっぱいです!」

 6月14日、新橋・内幸町ホール。コンサートを終えたばかりの楽屋を訪ねると、チャームポイントの太い眉毛をクイッと上げて、式町水晶は満足そうに笑顔を浮かべた。

「無事に」という言葉は彼にとって、私たちの想像をはるかに超える特別な意味を持つ。

 昨年の4月にアルバム『孤独の戦士』でメジャーデビューを果たしたポップバイオリニストの水晶。彼には「小脳低形成」という脳性まひの障がいがある。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)