ジャニー社長入院(6/18)!2週間の緊迫内情と嵐が7/1に正式発表したワケ

ジャニー社長入院(6/18)!2週間の緊迫内情と嵐が7/1に正式発表したワケ

ジャニー喜多川社長。今から20年ほど前、成田空港で

7月1日、嵐のデビュー20周年を記念して開催される展覧会の記者会見が行われた。そこで、ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏が入院していることが正式に発表された。

「病名は解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血。6月18日の午前11時に倒れて、都内の病院に緊急搬送されました。それ以来、近藤真彦さんや東山紀之さんをはじめ、すべてのジャニーズタレントが見舞いに訪れているといいます」(ワイドショー関係者)

 彼が入院した週の週末には事務所から何らかの発表があると噂されたが、特にこれといった動きはなかった。

「報道陣の間ではさまざまな憶測が飛び交い、一部のネットメディアでは“死亡説”まで報じられました。ジャニー社長の体調が安定していなかったこともあり、事務所もどう発表すればいいのか考えていたのだと思います。発表した直後に状況が変わるのを恐れていたのでしょう。そこからは事務所からの正式発表がいつあるのかと、メディアは毎日、動向に注目していました」(同・ワイドショー関係者)

 嵐の会見が行われる1週間前には、V6の岡田准一が主演を務める映画『ザ・ファブル』の記者会見や、ジャニーズJr.が出演する舞台の会見もあった。そこで発表してもよかったように思えるが……。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)