ジャニーズ事務所 “混乱期” に突入か、芸能界が固唾をのむ「カリスマ不在の時代」

ジャニーズ事務所 “混乱期” に突入か、芸能界が固唾をのむ「カリスマ不在の時代」

約20年前のジャニー喜多川社長と、滝沢秀明氏

ビートルズを世界的なバンドに育て上げた敏腕マネージャー、ブライアン・エプスタイン氏が亡くなったとき、メンバーのジョン・レノンは「僕たちは今、嵐の中に取り残された船に乗っているようなものだ」という発言で不安を打ち明けたことがあった。ジャニーズ事務所所属のタレントやJr.はもちろん、事務所スタッフも今、そんな気分ではないだろうか。

 タレントを発掘するジャニー喜多川氏(享年87)と、経営面を支えた藤島メリー泰子氏(92)のふたりで作り上げてきた男性アイドルによるショービジネスのモデルは、ジャニーさんの死により大きな力を失った。

 いずれ世代交代は避けられないと見て、ジャニーズ事務所は布石を打ってきたが、

「ちょっと遅かった。自分たちの帝国を過信しすぎた」

 とはスポーツ紙の元ジャニーズ担当記者だ。こう続ける。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)