深田恭子が現場に“お鍋ごと”持って行った差し入れ「みんなで食べたら楽しかった」

深田恭子が現場に“お鍋ごと”持って行った差し入れ「みんなで食べたら楽しかった」

深田恭子 撮影/廣瀬靖士

「“泥棒スーツ”は全身ベロア生地でぴったりしているので、実際に着るとけっこう恥ずかしいんです。でもそれはみんな一緒だったようで、撮影のとき、現場から控室に戻る途中で(父親役の)渡部篤郎さんに“深田くん、恥ずかしいから一緒に戻ろう”と言われて。渡部さんも恥ずかしかったんですか! って驚きました(笑)」

 新ドラマ『ルパンの娘』で、“泥棒スーツ”を身に纏(まと)いセクシーな泥棒に扮する深田恭子(36)。泥棒を演じるのは、衝撃の“ドロンジョ様”姿が大きな話題となった映画『ヤッターマン』以来、10年ぶりとなるが、

「今回の衣装も(ドロンジョのときと同じ)柘植伊佐夫さんが手がけてくださって、素敵なものになりました。ロケが始まったときは、まだビジュアルが解禁されていなかったので、道行く人に見られたら不審に思われてしまうと思い、こう(顔を隠しながら)見られないようにしていました(笑)」

 深田が演じる三雲華は、大泥棒一家の娘。普段はその“正体”を隠している彼女だが、真剣交際をしているカレがなんと警察一家の息子であるということが判明したから、さあ大変!

「泥棒と警察がダメというよりは、泥棒自体がダメですよね(笑)。“許されない恋”は、まるで現代のロミオとジュリエット。難しいかもしれませんが、2人の恋を応援したいです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)