ブラマヨ吉田敬が文才を発揮! 猛毒と笑いの中に隠された“男の優しさ”

ブラマヨ吉田敬が文才を発揮! 猛毒と笑いの中に隠された“男の優しさ”

吉田敬 撮影/矢島泰輔

あるときは「ブ男はハンサムに比べていかにハンデがあるか」を嘆き、あるときは「2年くらいツタヤで暮らして映画を見ながらダラダラしたい」と妄想し、あるときは「1日1億円の収入があったら高級風俗でどんなサービスが受けられるか」をまじめに計算してみる。

 そんな毒吐きとシュールさと男の本音に満ちたエッセイ集『黒いマヨネーズ』の書き手は、ブラックマヨネーズの吉田敬さん。約5年間にわたって雑誌に連載したコラムをまとめた一冊だ。

「今回の連載では、ただ言いたいことを言うだけじゃなくて、読んだ人がクスリと笑える内容にすることにこだわりました。文章を書くのは好き……なのかなあ? 子どものころに書いた作文が、地元の小学生の優秀作品を集めた文集に載ったことがあるので、まあ、僕の文章には人を惹きつけるものがあるんやろうなと思います(笑)」

 そんな言葉も飛び出すほどの自信作だが、連載の依頼をもらったとき、1度は断ったという。

「仕事も忙しいし、絶対しんどいのはわかっていたんで。でも、お世話になった人に頼み込まれて毎月原稿を書いているうちに、よく考えたら、自分が思ったことをそのまま表現できる場ってこのコラムくらいしかないなと気づいたんです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)