山口智子×木村拓哉はまた見られるのか、かつての「月9」が持っていたスゴさ

山口智子×木村拓哉はまた見られるのか、かつての「月9」が持っていたスゴさ

木村拓哉・山口智子 撮影/本誌写真班

世の中を騒がせた事件やスキャンダル、はたまたちょっと気になることまで、各分野のエキスパート“セキララアナリスト”たちが分析(アナリティクス)! ニュースの裏側にある『心理』と『真理』を、解き明かしてご覧にいれます。

 “ミスター月9”といったら、キムタクこと木村拓哉がその筆頭格! 対をなす“ミス月9”を挙げるとしたら、山口智子かもしれない。その彼女が23年ぶりに7月クールの月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)に出演していることが話題だ。その出演には、はたしてどのような背景があるのか? ドラマ評論家・成馬零一さんに聞いた。

「フジテレビとしては、’90年代にテレビドラマを見ていた当時のF1層(25〜35歳の女性)だった、現在40〜50代の女性視聴者を取り込みたいのではないかと思います。男性では織田裕二、唐沢寿明、女性では鈴木保奈美、中山美穂、常盤貴子といった、かつての人気俳優が再ブレイクしているので、山口さんの起用も同じ流れなのではないでしょうか」(以下カッコ内は成馬さん)

 山口智子が女優としてブレイクしたのは、トレンディードラマブームが一段落した’90年代前半。『ダブル・キッチン』『スウィート・ホーム』(ともにTBS系)で主演、そのほか三谷幸喜脚本の『王様のレストラン』『古畑任三郎』(ともにフジテレビ系)といった作品に出演した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)