小田和正、71歳。1万7000人が集った会場で走り回り「やっていることは年相応」

小田和正、71歳。1万7000人が集った会場で走り回り「やっていることは年相応」

小田和正 撮影/菊地英二

「みなさん元気で。元気で暮らしてください。今日はありがとうございました」

 バンドメンバーとともに頭を下げる小田和正(71)。さいたまスーパーアリーナで開催された『明治安田生命Presents Kazumasa Oda Tour 2019「ENCORE!!ENCORE!!」(6月26日)。ギターを手に、ピアノを弾きながら全30曲を歌い上げ、会場を縦横無尽に走り回るその姿に71歳という年齢を忘れてしまった感動ライブをレポート。

 1970年に伝説のグループ・オフコースのメンバーとしてデビュー。その後、数々の名曲、大ヒット曲を生み出し、日本を代表するシンガー・ソングライターに。美しいメロディーと歌詞。心のひだにそっと触れるような繊細で優しく、透明感のある歌声。変わらぬハイトーンボイスと声量。さいたまスーパーアリーナに集う1万7000人が小田とともに歌い、辛口トークに笑顔を見せ、タオルで涙をぬぐう。

「今日は(DVD)収録が入っています。みなさんの前をクレーンが横切って邪魔したりすることがあるかもしれません。そのぶん、頑張りますので。とにかく頑張ります(笑)。ひとつだけ、お願いがあります(撮影が入っているからと)お行儀がよくなりすぎてシーンとしないでください。粗相があってもカットするから大丈夫です(笑)。隣の人に迷惑がかからない範囲で声援をよろしくお願いします」

 ライブが始まってすぐの挨拶で、笑い声が起こる。「小田さん!」と客席から響く呼びかけに、今度は逆に本人が「へへへ」と照れ笑い。明治安田生命のCMソングにもなった『たしかなこと』を歌った後、語られたのはバナナのこと。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)