上野樹里の「圧倒的な演技力」の裏に綿密な役作り、『監察医 朝顔』で描く“死”

上野樹里の「圧倒的な演技力」の裏に綿密な役作り、『監察医 朝顔』で描く“死”

『監察医 朝顔』(c)フジテレビ

13年ぶりに“月9”に主演する上野樹里が、東日本大震災で母を失った悲しみを背負いながらも新人法医学者として遺体と向き合い、ベテラン刑事の父とともに死因を究明するヒューマンドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系 月曜 夜9時〜)。プロデューサーが明かす上野の役にかける思い、現場でのエピソードとは──。

 上野樹里がヒット作『のだめカンタービレ』以来、13年ぶりに“月9”に主演。原作は同名漫画(原作・香川まさひと、漫画・木村直巳、監修・佐藤喜宣)。上野は結婚後、初めての主演作に意欲を見せ、こうコメント。

「“死”をテーマにした作品ですが、同時に“生きる”こと、“過去”を背負いながら“未来”に向かって前向きに生きていく姿をお届けできたらと思います」

 上野が演じる主人公の朝顔は、新人法医学者。死因を解明し、遺体の“生きた証”を見つけだしていく。ときには法医学者としての仕事の範囲を超えて懸命に、真摯に遺体に向き合う。そんな朝顔に寄り添うのは、時任三郎が演じる父であり、ベテラン刑事の平。朝顔は解剖で、平は捜査で、遺体の謎を解き明かしていく。

 そんな父娘は、8年前の東日本大震災で、朝顔の母(石田ひかり)が被災し、いまだに遺体が見つかっていない。つらい経験を経て、朝顔は誰かの“生きた証”を見つけだす法医学者の仕事に就いたのだ。原作漫画の朝顔はロングヘア、朝顔の母が被災したのは阪神・淡路大震災など今作では変更点もある。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)