ジャニー喜多川さんが育んだSMAPや嵐、“スター性”を伸ばす絶妙な距離感

ジャニー喜多川さんが育んだSMAPや嵐、“スター性”を伸ばす絶妙な距離感

デビューしたてのSMAP

たくさんのダイヤの原石を発掘してきたジャニーさん。その磨き方も独特だった。

「所属のタレントと家族のように接して、絆を深めるんです」(芸能プロ関係者)

 彼らの“素”を見て、性格を熟知してから育成法を決めていたという。ジャニーさんが“友達”のような関係で育てたのが、嵐だった。'02年に行われたツアーではこんなエピソードが。

「本番直前のリハーサルをやっていたときに、ジャニーさんが見に来ていたんです。リハが終わったら、二宮和也さんが誰よりも早くジャニーさんのもとへうれしそうに走って行ったそうです。歌についてのアドバイスというより、感想を聞いていましたね」(レコード会社関係者)

 今では仲のよい嵐でも、10代のころはコンサートのリハーサルをめぐって、意見がぶつかることもあった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)