嵐、過去最多5度目の『24時間テレビ』司会に「メンバーで手と手を取り合って」

大野「5人では2013年以来、5回目。まさか、5回もできると思っていなかったです」

 8月24、25日に放送される日本テレビ系『24時間テレビ42 愛は地球を救う』で6年ぶりにメインパーソナリティーを務める嵐。会見に出席した5人やチャリティーパーソナリティーの浅田真央(28)、24時間テレビサポーターの徳光和夫アナ(78)、総合司会の羽鳥慎一(48)、水卜麻美(32)が着ているTシャツは、大野がデザイン。

 今年のテーマの“人と人 〜ともに新たな時代へ〜”から「手が重なり合ったものを全体像で描きたかった。最後はみんなで幸せになれたらいいな」という思いで描いたもの。

櫻井「手前の話ですけど、われわれはちょうど20周年というタイミングで再び24時間テレビに参加できることをとてもうれしく思っております。まずはこのメンバーで手と手を取り合って、“人と人”のつながりを体現できるようなチームワークを見せられたら」

 今回、初めてチャリティーパーソナリティーを務める浅田に伝えたい“24時間テレビあるある”を記者から聞かれると、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)